江戸時代が不眠症と無縁の時代ならそこに答えがある

不眠症と言った症状が大きく広がってきたのは、ここ最近ではないかと思いますし、あくまでイメージ的な印象ですけど、江戸時代には不眠症といった症状で悩んでいる人は余程追い込まれている人以外は、殆どいなかったのではないかと想像しています。

その理由としては、江戸時代には電気やガス灯等が存在していなかった為、庶民の多くが日が落ちたらそのまま布団に入って寝ていた事や、今の時代のようにストレスが溜まるような職場環境ではなかったこと、電車や車もないので、徒歩で毎日長距離を歩いていたこと等がその勝手な根拠です。

実際に私は江戸時代に生きていた訳ではありませんので、事実がどうなのかについては知る由もありませんが、毎日徒歩で数キロ、数十キロの距離を荷物を持って歩き、健康的な食事をしていて、夜は明かりがないので寝るしかない状況で不眠症になる要因が全くありませんから、それだけを考えたら素晴らしい時代です。

長時間の残業こそが不眠症を生み出している原因。

昭和の時代が終わり、現在の平成の時代になり、インターネットが当たり前のように普及して生活が便利になるほど不眠症になる人の数も増加の一途を辿っていますし、不眠症が更に悪化してから、うつ病になる人も年々増加傾向にあります。

その要因になっているのは、どう考えても生活のリズムがおかしくなっているからであり、一番の原因は長時間に渡る仕事の残業によるストレスと過労に加えて、本来するべき基本的な基礎運動を殆どの人がすることがなくなったことではないでしょうか?

多分、江戸時代の頃のように、毎日健康に歩きまくって、朝早く目を覚まして夜になると強制的に眠るような生活をするように改善していけば、世の中の不眠症になっている人の殆どがその症状から改善されるのではないかと思います。

ですから、現在の時代の不眠症は時代の病気みたいなものなんでしょうね。

これから、益々生活が便利になると更に不眠症になる人が増加する要因しかありませんから、現在の時代を生きていく立場としては、普段から不眠症にならないように注意をして普段のライフスタイルを作っていくのが最も適切であると考えます。

スポンサードリンク


江戸時代が不眠症とは無縁の時代ならそこに答えがある。

あくまで江戸時代についてはイメージで勧めていくことになるんですけど、どう考えても不眠症になる要因がありませんので、だったら今の時代に生きる人であっても江戸時代と同じような生活リズムを維持していけば不眠症は勝手に治るのではないでしょうか。

更に、現在の時代は江戸時代とは比較にならないほど快適な生活が送れるようになっていますので、それで不眠症とは無縁の生活ができるのであれば、これほど都合が良いことはありませんから、そこから不眠症解決の答えを見ていくことにします。

江戸時代については、庶民レベルでも大変風呂が好まれていたと色々な文献で読んだことがありますので、当時は銭湯が大ブームだったらしいんですけど、やはり入浴は重要で、更に自分で運動をすることも重要になるのでまずはそこから改善ですね。

運動については、毎朝30分から60分位の時間、普通にその辺を歩くだけで良いので、それを毎日継続するだけでも全然違ってきますし、余裕があれば夜間の時間帯にも同様に歩くなどの運動をすれば良い感じになりますね。

他人から雇われない生活を確立することこそ不眠症から解放される?

一番重要なのは、夜更かしをしないことであり、江戸時代のように電気がない生活に近い時間帯で布団に入らないといけませんので、これをやろうとすると、確かに健康には良いのでしょうけど、他人から雇われて働く選択を放棄することになります。

他人から雇われない生活をする場合、自分で起業をするか投資家になるくらいしか選択肢が無いんですけど、実際にやってみると案外快適であり、本当に不眠症が段階的に解決されていくことになるので、興味があればやってみるのがお勧めです。

ただし、他人に雇われなくても、ある程度安定してくると夜更かしなどを繰り返してしまうようになり、結局また不眠症になってしまうこともありますし、独立した事業が厳しい状況になった際には、毎日ほとんど寝ることも出来なくなることもあります。

他人任せではなくて、自分で考える生き方が必要になります。

江戸時代ならその生活で普通に誰でも生きていけたんでしょうけど、平成の時代に同じ生き方をしつつ、快適に生きていく為には、生活にゆとりが持てるようにお金が必要になりますので、そのお金をどうやって稼ぐかが重要になってきそうです。

結局、他人に雇われて過度な労働時間を強制される環境を抜け出さない限り、不眠症の不安要素はなくならないことは確実なので、都会で江戸時代のようなスローライフを実現するための、仕組みを自分で作る必要性があるようです。

不眠症になる要因すら全く存在していないし、iPhoneもないし電気もガスもない時代ったのでしょうけど、そういった時代のほうが実は人間の生活リズムはマッチしていたということですから、恐るべし江戸時代と言った感じですね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする