不眠症の改善には昼寝で急激な睡魔対策から始めます

一度でも不眠症になってしまうと、毎晩寝付きが悪くて困るどころか、翌朝まで全然眠れない事も少なくなくて、更には不眠症が原因になり重度の肩こりまで発生してしまい、ろくな状態になりませんので、なるべく早く改善していったほうが良い訳です。

しかし、不眠症の改善には時間がかかることが多くて、本人が何とかしようと思っても簡単には改善できないことも少なくなくて、改善をするにしてもかなりの時間が掛かることが殆どなので、皆さん色々な方法で少しでも寝付きが良くなるようにしています。

また、不眠症の改善方法に誰でも絶対という話はありませんので、個人差も当然ありますから、色々な方法を試してみて、自分にあった改善方法を見つけていくことになる訳なんですけど、その中でも意外に効果的なのが昼寝をすると言った改善方法です。

なぜ?、昼寝をすると不眠症の改善に役に立つのか?

不眠症の症状としては、夜中に普通なら寝るべき時間になっても全く寝れなくなってしまうことであり、これは自分では眠りたいと持っていても、体が疲れていない状態で極端に精神だけが疲れてしまっている為、バランスがおかしくなっている状態です。

当然、他にも重度のストレスになっているとか、翌日に大変楽しみな事があるのでそれが気になって眠れなくなっているとか、他にも色々な要因が複雑に絡み合ってしまって不眠症が発生してしまっている為、そのように眠れない状態になっています。

しかし、人間は24時間眠らない状態で生きていける訳ではありませんので、不眠症で夜中に眠れない状態が続いていると、生活リズムが反転してしまい、翌日の明るい時間帯になると、突然、驚異的な睡魔が襲ってくることになります。

スポンサードリンク


この睡魔が襲ってきた状態で、何とか眠らないように目を覚まそうといて頑張っていると、仕事どころではなくなりますし、いつ襲ってくるかもわからない睡魔は本当にあっという間にその姿を表す為、余計に精神的に不安になってしまいます。

いつ襲ってくるかわからない昼間の睡魔対策は昼寝。

これが不眠症最大の問題であり、仕事をしている最中に凄まじい睡魔がいつ襲って来るかもわからないですし、気がついたらそのまま意識がなくなっていた状態になることもあり、いつ来るか分からない相手に備えることも出来なのでストレスが溜まる一方です。

だったら、昼休みの空いている時間に強制的に眠ってしまえば、その後に急激な睡魔が発生する可能性も低くなり、一定の時間に寝ることによって、不眠症の寝たい時には眠れないけど、寝たくない時には眠くなる症状を少しずつ改善することが出来ます。

昼寝をして一定の生活リズムを作るように改善していきます。

不眠症の場合は、とにかく寝たい時に眠れない事が問題であり、寝たくない時に勝手に倒れるように眠ってしまうようになるのを少しずつ改善していくため、毎晩温かい風呂に入るとか、朝起きて毎日30分から60分位の散歩をするとかを併用していきます。

どれか一つの方法だけで改善をしていこうとすると、中々思うように事が進まないですし、かと言って同時に全ての改善策を取ろうとすると、これまた思うように継続することが出来ない為、自分にあった改善方法を少しずつ探していくことになります。

その中の一つが昼寝なんですけど、昼寝の場合は誰でも出来ますし、やろうと思えば場所をと合わずにどこでも寝ることが出来ますから、昼休みの一時間分、食事を10分程度で終わらせていれば、残りの50分間をきっちり使って昼寝をしていきます。

生活のリズムをなるべく合わせるのが不眠症の改善の第一歩になりますので、夜眠れないのだったら、最初は昼間に襲ってくる睡魔から対策を行っていき、昼寝で60分位はしっかり眠るけど、その他の時間は眠らないように対策を行います。

後は、昼寝をしながら少しずつ生活のリズムを取り戻していき、最終的には昼寝をしなくても安眠できる状態を取り戻せるように、不眠症を撃破するようにしていきます。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする