不眠症が発生したら鬱病になる前に退職を決断する

本人が自覚していない間にいつの間にか症状が発生してしまうのが不眠症であり、そうなった際には不眠症になる要因が必ずありますから、現在発生している不眠症の原因を早めに確定していき改善していく必要があるのですが、仕事をしている人の場合は、大抵はその仕事が原因で不眠症になっていることが殆どになります。

極端な労働時間や環境によるストレス、仕事が上手く行かないことによる不安や長時間の労働などにより、自然と不眠症の状態になりますので、不眠症を解決するために一番手っ取り早いのが今の仕事をやめることであり、それが出来るのであれば真っ先に退職をしてから一旦休養期間を持つのが最適になります。

ただ、現実問題として、不眠症が発生したからと言って今の仕事を簡単にやめれるような人はあまりいないのが現状であり、過剰な労働時間が発生しているからと言って、それを自分の力で改善するのも難しい為、環境を変えることは簡単そうに見えて実は難しい事が殆どなのです。

不眠症を軽く見ていると最終的にはうつ病になるので要注意。

その為、不眠症が発生しても本人の自覚症状があまりないまま、その後も多大なるストレスを受けつつ仕事をすることになり、最終的には不眠の状態を超えて鬱病や心身症といった重大な病気になり、最終的には強制的に会社を退職する人も少なくありません。

スポンサードリンク


出来れば、そうなる前に不眠症が発生していて、毎日眠れないとか、最近異常に寝付きが悪いとか、そのような症状が出た時点で、対策をしておけばよいのでしょうけど、どうしても仕事を優先しないといけない気持ちになる人が多くて、結果的に不眠症から鬱病になってしまうのです。

仕事場の環境は簡単には変えれないし、会社を退職することも出来ない場合は、他の方法を検討しないといけないんですけど、通常、会社を退職することが出来ないと言った状況になることはありませんので、健康に異常をきたすような会社であれば、早々に退職をした方が良い訳ですね。

何しろ、最終的に不眠症が改善してくれれば何ら問題はないのでしょうけど、不眠症が改善しなかった場合、結果的に鬱になってしまって会社で働けないどころか、その後数年間に渡って治療をしないといけなくなることを考えると、退職できない理由はありません。

不眠症が発生している時点での退職が実は最も簡単なのです。

毎月300時間を超えるような労働時間が続いたり、仕事が上手く行かない不安から精神的に参ってしまって次第に不眠症の症状が出てきた場合、その時はまだ不眠症で済むのですけど、そのうち少しずつうつの症状が出てくることになります。

そして、うつの症状が発生してしまったら、会社に通勤をするだけでも苦痛な状態になってしまって、最後の方は自宅から出れなくなってしまうことも珍しくないため、この状態になるともう退職や転職といった行動を取ることができなくなります。

その結果、鬱病で会社を退職して数年間の間何もできなくなり、何とか回復した後にブランク期間付きで就職活動をしないといけなくなる可能性があることを考えると、それなら現役で働いている時に決断をして退職や転職活動をしたほうが良いです。

現在、不眠症で悩んでいる人で、今の仕事に大変なストレスを感じていたり、過剰な労働時間に悩んでいる人がいれば、思いきって不眠症になった状態が退職を決断する条件であることを認識して、今の職場を離れるのも一つの賢い選択になります。

転職マニュアル

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする