不眠症の人でも簡単に熟睡できるのが小菅の湯|温泉施設

不眠症になると、何処に行っても寝付きが悪くなり、自宅はもちろん出先のホテルなどでもあらゆる場所でなかなか寝付くことが出来なくなるので、テンピュール枕等を使って、出来る限り寝れなくても寝るふりをして体の疲れを取ることになります。

別にテンピュール枕(パチモノ含む)があれば必ず安眠できるわけではないですし、結構大きいのでいつも出かける時に持っていけるわけでもないのですけど、車で移動する際にはもしものときに備えて、不眠症の度合いによりトランクに入れておくこともあります。

以前、いろいろな場所に移動をしてみて不眠症でも快適に寝れる場所があるかと思って探していたことがあるんですけど、実際に利用してみて小菅村の小菅の湯という温泉の仮眠室を使えば、不眠症の人でもあっさりと寝ることができました。

不眠症の人に温泉が良いのは誰もが知るべき話ですね。

日本には色々な温泉施設がありますので、行けそうな温泉施設は大抵回ってみたんですが、基本的にポカポカの温泉に入ったとは大抵眠気が発生するため、不眠症の人でも案外寝付けることも多いのはご存知の通りです。

その数ある温泉の中でも、不眠症の人でもすんなりと寝付ける環境が小菅の湯にはあるようで、それは温泉というよりも、小菅の湯がある環境が大きく影響してきていますし、独特の場所で営業している温泉ならではの効果なのではないかと思います。

不眠症やストレスの解消には温泉施設を利用するが大変良くて、温泉に浸かると不眠症以外にも体がポカポカとしてきて健康面、精神面で多大なる効果があることは多くの人が知っていると思いますけど、別に小菅の湯でなくても、温泉施設は不眠症の人にとっても本当に最高の効果があります。

ですから、不眠症になってきたら、ストレス解消を兼ねてなるべく温泉に出かけたほうが良いのでしょうけど、温泉施設と行っても環境によって全然異なりますし、出来れば都会の中にある温泉施設よりも、自然環境に優れた山奥の温泉施設にいくと更に森の香りを感じながら移動することになりますから相乗効果が生まれることになります。

結論から言えば、不眠症の改善には秘境のような場所にある温泉施設が効果的です。

不眠症の人であれば一度入っておいたほうが良い小菅の湯。

それで、関東で不眠症の人が症状を改善する際に利用するのに最適な温泉といえば、山梨県にある小菅村の小菅の湯が個人的にはお勧めであり、ここは東京方面から奥多摩地方に向かってかなりの時間運転をしないといけないんですが、奥多摩地方に入ると、そこには木々の緑あふれる癒やしの光が溢れた状態になります。

スポンサードリンク


東京なのに排ガスもなく、窓を開けて走行しても気持ち良い奥多摩なんですけど、そこから車で更に1時間30分ほど頂上に向かって運転していった先に小菅村の小菅の湯という温泉があり、ここは相当標高が高い場所にあります。

実際に車で行けばわかりますけど、本当に空気も綺麗で都心とは別次元の良い環境です。

それから狭い道を暫く運転していると、まさか、こんなところに温泉施設なんかないだろうと思える山梨県の山の頂上辺りに小菅の湯がありますので、多分、初めて見た方はこんな場所に温泉があるとは・・・とかなり驚くはずです。

大変空気もきれいな山の山頂に、比較的新しくて綺麗な施設があり、どう見ても秘境と呼べそうな場所にあるにも関わらず、中身は和風のホテルのような感じです。

不眠症になった人で東京近辺に住んでいるのであれば、一度は行っておいたほうが良い小菅の湯になるんですが、ここは車がないと移動するのが大変難しい場所にありますから、長距離運転が出来る運転の得意な人の車で連れて行ってもらうのが1番だと思います。

温泉の質なら他にも良い温泉が沢山ありますが、環境も合わせると車で都内から片道5時間位の移動時間がかかりますし、公共の乗物での移動が大変難しいので、環境を含めた場合、小菅の湯に勝る温泉施設はなかなか無いのではないでしょうか?

なぜなら、不眠症の人が寝付くためにはこの環境が重要になるからです。

小菅の湯の醍醐味は不眠症の人でも熟睡できる仮眠室です。

正直、温泉の質自体はそれ程でもない小菅の湯なんですけど、とにかく周囲の環境が大変良いため、よくある都内にある温泉とは別次元の空気の良い環境で温泉に入ることが出来るため、屋外の温泉に浸かっていると大変心地よい状態になることが出来ます。

文章で書いてもいまいちピンとこないかもしれませんけど、車がないと移動すら出来ないほどの相当な山奥ですから空気の良さは折り紙付きなので、それの自然の森の香りと温泉の心地よさが加わり、大変なリラクゼーション効果を得ることが出来ます。

そして、温泉に暫く浸かってからその後に、奥の方にある大型の仮眠室にいくと、どのような不眠症の人でも・・・と表現するのは誇大表現になるかもしれませんが、ここに行って寝れなかった不眠症にやなんでいる人は今まで1人もいませんでした。

もちろん、テンピュール枕等のマイ枕を持ったまま、仮眠室に行くのが一番良いのかもしれませんが、別に枕がなくても仮眠室には最初から枕が設置されていますので、手ぶらで移動することも可能ですので、不眠症に悩む人は一度は行って欲しいものです。

やはり、不眠症を治そうと思ったら、相当環境がよい場所、自然溢れる場所、温泉施設などのあらゆる体調不良に効果のあるサービスの利用をすることによって、都会にいても全く改善しないような不眠症の症状を直すことが出来る様になるのかもしれません。

ただ、一つだけ重大な欠点がありまして、それは、小菅の湯に移動する際の移動時間が大変長時間に渡るため、車の運転をしているとそれでかなり疲れていまいますし、小菅の湯の仮眠室で安眠できても、その後の渋滞でイライラしてくることでしょうか?

ですから、自分で運転するのではなくて、運転の得意な人に運転していただくようにしておけば、小菅の湯の温泉のある山奥の環境、温泉施設の設備を考えれば、不眠症改善にはお勧め出来ます。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする