不眠症とは無縁の人は風呂に入る時間がいつも早い

不眠症が発生してしまった場合や、最近寝付きが悪くて困ってしまう場合、色々な改善方法があるんですけど、自宅で簡単にできる方法の中にゆっくりと時間をかけて入浴を行う方法があり、これが意外に効果的なので実際にされている方も多いはずです。

日本の場合、めぞん一刻の一刻館のような、今時それを探すほうが珍しい古いアパートでもない限り、普通は部屋に風呂場が必ずついているはずなので、風呂に入って体の疲れを取る方法は誰にでもできますし、入浴剤を購入してもそれ程費用はかかりません。

また、毎日のように30分以上の有酸素運動をする必要性もありませんので、入浴によるリラックス効果は大変高い物があることを考えると、普段から必ず風呂に入って、リラックスをしながら寝付きの悪さを改善していくのが理にかなった方法です。

不眠症や寝付きの悪さの改善には風呂に入る時間をなるべく早くする。

不眠症でよる眠れない人や、寝付きが悪くて毎晩困っている人の場合、大抵が寝る時間が夜遅い状態か寝れない状態になっていて、それに合わせて風呂に入る時間も遅くなっていたり、もしくは風呂に入っておらず、シャワーで済ませている人もいます。

それとは引き換えに、毎日不眠症とは無縁の安眠状態で眠れている人の特徴としては、とにかく風呂には毎日入っており、風呂に入る時間がかなり早い時間になっていることが多いので、それを考えるとここである一つの仮説が出てくることになります。

それは、なるべく早い時間帯に風呂にはいるような生活スタイルに変更していけば、その生活スタイルをキープしている人と同様に、時間は掛かるかもしれませんが、次第に不眠症の症状が改善されていくのではないかといった期待感ですね。

スポンサードリンク


ただ、この方法を実現するには、どうしても会社の残業を控えていくような流れになりますので、毎日自宅に帰宅するのが午前12時前後になるような人の場合、根本的に今の仕事のスタイルそのものを見直すような形になりますし、それが答えそのものですね。

風呂に毎日早い時間に入浴をしている人は帰宅する時間も当然早い。

これまで、毎日早い時間に風呂に入っている人で不眠症で困っているとか、寝付きが悪くて困っている状態の人を見たことがありませんので、ほぼ間違いなく、このライフスタイルを維持していけば、不眠症とは無縁の生活を送れるようになるでしょう。

ただし、早い時間に風呂に入ることと、仕事の残業時間が少ないことをは密接にリンクしていますので、風呂に早く入りたければ、毎日残業をしないといけないような職場は早々に離脱して、もう少しやり甲斐のある企業で働く事そのままになりますね。

ですから、いきなり毎日午後8時位には風呂に入るような生活をしたくても出来ない事が殆どなことを考えると、最初に出来ることは、自宅に帰宅をしたらブラブラしたりせずに、真っ先に風呂に入って、後は布団に入って寝るだけから始める感じです。

それが日常になると夜中に寝る時間が早くなり、朝起きる時間も早くなりますので、これまで帰宅して夜中にやっていたことを、朝起きてから目覚めが良い状態でやればよいだけになりますので、これなら会社はそのままでも何とかなりそうです。

入浴すら出来ないような労働をしないといけない会社は離脱も検討。

通常、まともな経営者がトップに居るような会社であれば、毎日深夜まで残業をするような状態になることはありませんので、もし、そのような状態で連日仕事をしないといけないのであれば、そもそもの会社そのものが間違っていることになります。

よって、たまに残業をするくらいなら別に問題はありませんけど、あまりに残業が酷すぎるような会社の場合は、遅かれ早かれ不眠症になってしまい、最悪は鬱病にすらなり兼ねませんので、風呂に入れないような仕事は早々に離脱を検討します。

毎日、早い時間帯に風呂に入っている人は、ほぼ間違いなく不眠症とは無縁の生活をしており、寝る時間も早くて朝起きるのも早い為、毎日が安眠できている事を考えれば、それに近いライフスタイルに軌道修正するのが良いと判断できます。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする