不眠症の改善策は土日に公園でゴロゴロすると効果的

不眠症が発生した場合の対処方法には色々な方法がありますが、春から秋にかけての心地よい季節であれば、天気が良い日に外に出てからその辺の芝生にゴザを敷いて日光浴をするだけで、瞬間的ですがかなり改善される事がありますのでお勧めです。

実際にこの方法をやっている人は大変多くて、ゴザではなくて寝椅子であったり、テントを近くの公園などに持ち込んで、そこで一日中ゴロゴロしている人をよく見かけますし、屋外での天候の良さと心地よい風の影響もあり、とても気持ちが良いものです。

やってみると分かるんですけど、毎日夜間の時間帯に布団に入って寝ていても、全然眠れない人であっても、自然の風が程よく吹いて鳥の鳴き声が時々聞こえて、太陽の光が適度に照射されている環境で寝転がっていたら自然と寝落ちしている状態になります。

出来れば、足を伸ばせてその中で寝れるような簡易テントがあれば完璧なんですけど、ない場合はダイソーで108円のブルーシートを購入して、バスタオルを持ってそのまま公園などに出かけて、芝生の上で寝ているだけで後は不眠症対策が可能になります。

不眠症の改善には天気が良い週末に公園で寝るだけ。

実際に私もやっているんですけど、温泉に行こうと思ったらある程度のお金がかかる上に、移動時間も結構必要になりますので、移動するだけでも大変ですし、接骨院に行こうとした場合も移動時間やお金が必要になりますのでコストがかかります。

スポンサードリンク


しかし、近くの公園の芝生等でテントを張って寝るだけなら、最初のテント代に数千円掛かるだけであり、その後はお金も必要なくて近くに公園がある人でしたら、後は天候が良くて休みが取れればよいだけなので、毎週末に実践しても良いくらいです。

毎晩寝付けない人であっても、天気がよくて心地よい風が吹いているテントの中でテンピュール枕を敷いて寝転んでいると、いつのまにやら完全に熟睡してしまっていますし、日本は治安が良いのでそのまま日が落ちるくらいまで寝ていても問題ありません。

東京都内では、土日などの休みの際に公園に出かけている人が本当にいて、その中で一日中寝ているだけの時間を過ごしている人も少なくありませんから、不眠症になったら自然の風と太陽を利用して、外でくつろげる場所に移動するだけでよいのです。

iPadや書籍を持ち込んでゴロゴロしているだけでも効果的。

公園でテントを張ってその中でテンピュール枕を敷いて寝転んでいると、本当にリラクゼーションを感じる状態になってくるので、その状態で本を読んだり、iPadを使ってネットを楽しんだりと色々と出来る幅も広がりますし、音楽を聞くのもありです。

ただ、熟睡しようと思った場合、ヘッドフォンをしていつもきいているBGMを聞くよりも、その場で自然の音や小鳥のさえずりなどを聞いている方が、自然と寝付きが良くなりますので、ヘッドホンを付けるのは余りお勧めできません。

やはり、建物の中にいるよりも、外に出て自然と触れ合うほうが不眠症改善には相性が良いらしい感じなので、単純にごろごろするだけで何もしなくても良いので、テントを持参して、一度公園に行ってリラクゼーションを感じるのが良いでしょうね。

私の場合は、テントではなくて、ダイソーで購入したブルーシートを持って公園に行き、バスタオルを敷いてから適当に空を見上げてぼーっとしていますが、いつのまにやら深い眠りについていることが多いようでした。

昼間寝てしまったら、夜に目が冷めてしまって逆効果だと思う人もいるかもしれませんが、屋外で寝ている際にはストレス解消の効果も大きいですし、不思議と室内に帰ってからも普段よりも寝付きは改善されていますから、十分効果はあります。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする